新着エントリー

英語に絶対強くなるフィリピン留学へ

まだ一般の人がフィリピンで英語?あいつら話せるの?訛るだろ?学ぶモノがあるのか?と思っていた時代に彼ら優秀な方々はマンツーマンが自分の英語を磨く最強ツールだという事をおぼろげながら分って来たのでした。 そこで私は方向転換しました。

留学生の求めている事、欧米の団体の授業に比べてマンツーマンで「英語に絶対つよくなる」事その事実を全面に押し出すようにしました。そこには彼らのやらせではない、生の体験談も織り込みました。

そもそも受験勉強などを真面目にやった方々は読む事、書くことの英語に関しては来る前からできるのです。ただ今まで聞くこと、話すことをやってこなかった人が多いのです。

日本の英語教育は6年間も英語を勉強するのに、まるっきり話せない人間を作るので全く意味が無いじゃないかっていう論調もありますが、実は英語を知っているのコラムでも書きましたが、英語を知ると言うことではまちがってなく、ただ聞く機会と話す機会を与えてないだけなのです。

ですので、受験をくぐり抜けた彼らの英語がマンツーマンで聞く機会、話す機会を与えられた結果、伸びるのは当たり前でした。私も驚いたのですが、強者は8週間でTOEICで250点伸ばしたのもいました。まぁこれは極端な例ですが、同じ留学でもマンツーマンの違う点だと思ってます。

綺麗な海を全面に出して広告を出すという路線から方向転換をしいられたのは現地に私がいて「海遠いじゃない!」てお客さんが来てから怒られるのが嫌だったっていうのもあります。。。ライバルのフィジー留学さんもそうですが、フィリピン留学にはみなさんが思い描くようなビーチの近くに学校はありません(元々やった私が言うのも何ですが・・・)。

事実は留学は旅行でなく生活なのです。学校は都市にないと不便です。