最も安い、フィリピン・セブ島への行き方

「予算がぜんぜんないので、大変でもいいから、もっと安く済ませたい!」

そう思われる学生さんもおられるでしょう。
あるいは、旅慣れた方ですと上記のリスクはあまり気にされないかもしれません。
海外初心者にはあまりオススメではありませんが、もっと安い方法もお伝えしますね。

それは、格安航空会社(LCC)です。

関空・名古屋・成田からだと「セブ・パシフィック」が、成田・関空からだと「JETSTAR」が格安でマニラまで飛んでいま す。どっちも明らかに安く、キャンペーン期間だとさらに安いです。片道が1万6千円やそれ以下で行けてしまうこともあります(マニラまででいい方は、これで大丈夫です)。

さらに、マニラでのしんどい乗り換えをガマンできれば、セブに行くのもそのまま経由便で行けます。その場合は、 セブ・パシフィックを利用されることをオススメします。理由は、同じターミナルでの乗り換えなのでリスクが比較的少ないからです。ただ、4~5時間くらい 深夜に空港で待つことになるので1人だと心細い気持ちになるかもしれません…。

JETSTARの場合は、ターミナル間の移動があります。
タクシーで移動することになりますが、ボッタクリや態度の悪いタクシーなどがいるリスクがあります。ターミナル間はタクシーで10分程度で移動できる距離です。

さらに、もっと安く済ませる方法があります。
「日本→マニラ」と「マニラ→セブ」で別々にチケットを買うことです。特にキャンペーン期間など、なぜかセブ・パシフィックやJETSTARはマニラまでとマニラからのチケットを別々に買ったほうが安くなることがあります。

また、国内線は他社も飛ばしていますので、エア・アジアPALエクスプレスなどのサイトを見て、より安いチケットを買うことで「最も安く」することができます。片道3000~7000円です。プロモ料金だともっと安いこともあります。

ただし、乗り換えや空港間の移動など、すべて自己責任になってしまいますので、
ご注意くださいね。

セブ・パシフィックのフライトスケジュール

JETSTARのフライトスケジュール