新着エントリー

後悔しない英語学校のロケーション選び5つ

行ってから「しまった!」と思うのが学校のロケーションです。

フィリピン・セブでは、留学生さんの「生活のタイプ」によって選ぶべき学校の場所も変わります。学校のロケーションは、どんな生活スタイルの学生さんかで大きく変わってくるのです。

私は東京に長年住んでいましたが、引っ越すたびに駅の近くになって行きました。また、住むロケーションもどんどん都心に近づいて行きました。

地方から来たので、最初は東京のこともよくわからないので八王子とか国分寺とかに住んでいました(都心から結構 遠い!)。が、毎日のように夜遅くまで新宿や渋谷にいることが多かったのでとても面倒くさいと感じて、徐々に都心近く、駅の近くに引っ越していくことにな りました。(東京のことに詳しくない皆様にはよくわからない話をして申し訳ありません)

フィリピン・セブでもその法則は当てはまります。中心地によく行く方は中心地にある学校を選ぶ方が無難です。

私はかつて、セブのマクタン島にある学校に留学した経験があります(マクタン島は、セブ島の横にある島で空港があります)。

はじめてのセブ留学で、セブの地理もよくわからなかったので留学エージェントのすすめるがままに学校も選んだのですが、ロケーションとしては失敗したと思いました。

私は外食したり飲みに行ったりするのが好きな方なので、平日や休日も関係なく行っていましたが、そういう場所はセブシティ(セブの中心地)のほうがたくさんあって、楽しいんです。

その結果、毎日のようにタクシーでセブの中心地とマクタン島を往復するハメになりました。これって、「学校がセブシティにあったら交通費も節約できたろう」し、「門限も気にせずもっとゆっくりできた」のにって思います。

私はこんな生活スタイルだったので、学校の場所は失敗したと思いましたが、学校から外に出歩くことがそんなにない方は、それでほど気にすることもないと思います。以下、生活タイプ別に向いている学校の場所をご説明しますね。

都会派

ショッピングやカフェ巡り、レストランでの食事などフィリピン・セブの中心地には都会遊びを満喫できるスポットがたくさんあります。しかも、物価が安いので日本の感覚だとびっくりするくらい全てが安くつきます。

すごく安い街スパやネイル、おばちゃんのやってる腕はいいけど安いマッサージ屋さんなども、シティには山ほどあります。学校の空き時間にちょっとリフレッシュしたいときも気軽に立ち寄れます。体を動かしたい時も設備の整ったジムがあちこちにあります。

そんな生活スタイルのあなたには、空港のあるマクタン島でなく、セブシティ中心地にある学校をおすすめします。ITパーク、セブ州庁舎、アヤラやSMなどのショッピングモール、エーエスフォルトゥナ通りなどに近い学校にいけば、満喫できること間違いなしです。

勉強派

とにかく勉強するためにフィリピン・セブ留学に行きたい、ほかのことは二の次という方は、学校のロケーションは特に気にする必要はありません。また、「スパルタ」の学校を選べば「平日外出禁止」なので、さらに学校の場所を気にする必要はなくなります。

ただ、スパルタ以外の学校に行かれる留学生さんで、放課後はカフェで仕事や勉強をしたい!という方は、都会派と同じくシティの中心地の学校を選ばれるとベターです。

のんびり派

海が見える学校でのんびりしたいという方は、マクタン島にある海に隣接した学校を選ぶといいでしょう。ただし、学校の目の前に純白の砂浜ビーチが広がっているような学校はありませんので、ご注意ください。授業の合間に海でひと泳ぎするということもできる学校はありません。

また、山や緑が比較的多い場所、空気が綺麗な場所がいい方は郊外の学校を選ばれるといいでしょう。タランバンと いう地域などがそうです。ただそれも、中心地より比較的空気が綺麗で緑が多いというレベルです。道路は排気ガスを出す車は走っていますし、「田舎でのんび り」というイメージからはちょっと離れています。

学校の建物も、郊外なので土地が安いため広々とした学校が多いです。

では中心地の学校は空気がよくないのかというと、そういうわけでもありません。基本的に、窓は閉めきって空調が効かせてあるのでそんなに空気がよくないと感じることはないでしょう。

海派

休日は海に遊びに行きたい!という方は、特に学校の場所を気にする必要はありません。海自体は、セブシティの近辺ではなくマクタン島のホテルのプライベートビーチか船で沖に出た島にあります。

平日は学校があるので海に行けることはありませんので、休みの日に行くことになりますが、実際にフィリピン・セ ブに留学した多くの学生さんは、毎週のように海に行かれるという方はまれです。通常は1ヶ月に1回か2回だと思います。そうそう毎週行きたいという気には ならないようです。

そういうわけで、そこまで海のために学校の場所を限定することもないというのが結論です。セブシティからでも30分~1時間程度でビーチや沖に出ることができます。

ただ、たとえばスパルタの学校に行く方で、毎週ダイビングの講習を受けに行きたいという方は、平日は学校から出られないのでマクタン島のスパルタ校にされれば移動費や時間は最小限に済ませることができます。

リゾート派

休日は高級ホテルのプライベートビーチで優雅に過ごしたい。あるいは、高級スパで自分磨きって方は、マクタン島の学校もけっこういいとおもいます。

マクタン島には、高級リゾートホテルが集中していますし、フローティングレストランがあったり、高級スパもあるのでフィリピン・セブにプチセレブ観光もかねて来られる方は移動や交通費が最小限にできるので悪くない選択になるでしょう。

ただ、セブシティでも優雅な休日は過ごせます。プライベートビーチ付きのホテルはさすがにありませんが、ビュッ フェが人気のマルコポーロホテルやカジノのあるウォーターフロントホテル、ショッピングモールに近いラディソンなど、食事を楽しんだり、プールサイドで まったりできる環境のホテルがあります。高級スパも点在しています。