フィリピン留学3ないー2.優雅なリゾート留学とまちがえるな

普段の勉強はほとんどの学校がセブシティという汚ったないアジアの街で行ないます。

どうして素敵なビーチがあるのにそこに語学学校が存在しないかというと(実は何校かトライはしますが生き残りが厳しいようです)留学は数日滞在すればいいという旅行ではなく、数ヶ月滞在する生活です。生きて行くには実際に人々が暮らす生活の場の都会でなければ不便で生きて行けません。

これは日本で例えるなら、環境のよい伊豆の白浜は旅行で数日訪れるにはいいですが、普段は東京などショッピングモールや映画館、レストランなど文化がある程度整っている所の方が暮らしやすいというのと同じだと言えます。

またシティを選んだからと言って優雅な留学を想像したらいけません。途上国に行かれた事がある方は分るかと思いますが、その衛生面と環境が日本とは大きく異なりますので注意が必要です。下痢は病気ではありません。日常的によく下痢になる人はいます。咳と一緒で風邪を引く前の前兆の様なモノで、当たり前の事だと思って下さい。あっ、でも下痢をして熱が出たら菌性のモノですので病院に行きましょう。

虫だって夜に外の薄暗い明かりの下で飲んでいて、カブトムシだと思って捕まえようとしたらゴキブリだ!っと間違える事もあります。。。部屋に食べモノを置いておくと間違いなく朝までにはアリに見つかってしまい黒だかりになりますし、よく蛾なんかも遊びにおうちにやって来ます。

街は貧しいので街灯もありませんので薄暗く夜は怖くてあるけません。ジプニーと呼ばれる乗り合いバスは排ガス規制が緩く量も多く走っているので、場所によっては空気が悪く感じるでしょう。公共のそうじもあんまり行き届いていないので、街はホコリと臭いも多いです。

これがアジア留学です。