新着エントリー

フィリピン留学の標準の語学学校

フィリピン留学未体験の人にとって、いったい学校でどんな授業をやっているのかは、見当がつかないと思います。

そこで、フィリピンの標準的な語学学校がどんな授業を行なっているのかをご説明いたしましょう。 授業は、全体の半分ぐらいがマンツーマンのクラスです。

 

詳しくは、「マンツーマン」のコラムをご参照下さい。 残り半分の半分、全体の4分の1が1対4程度のグループクラスです。詳しくは、「グループクラス」のコラムをご参照下さい。

残りはネイティブが行う、1対8程度のクラスです。 {図でも説明(?)} そのほか、学校によっては、半分がマンツーマン授業、半分が1対4の授業というところもあります。

それぞれ学校によって違いますが、45分授業から90分授業までいろいろあります。1日の学習時間は大体5時間から6時間で揃えている所が多いです。

さらに、上記の授業に加えて、無料で提供される「フリークラス」があります。 フリークラスとは、おおよそ1対20~30くらいのクラスです。 これが1~2時間無料で提供されます。 上記のような構成で、授業が月~木曜日まで続きます。 金曜日は学校によって、午前中のみ授業を行い、午後はお休みになるところや、 もしくは、金曜日も平日同様に夕方まで授業を行うところがあります。

土日及び祝日お休みです。 しかし中には、土曜日にテストがある学校もあります。

この祝日がちょっとくせ者で、フィリピンでは3日前に祝日が決まることもあります。この場合は学校も突然お休みになるのでご了解下さい