新着エントリー

フィリピン人って英語話せるの?

比国は英語公用語国のなかで三番目に人口が多い国としてもしられ教育を受けた人であれば、Englishを流ちょうに話します。Englishの映画やテレビ番組は字幕なしでも通じかなり英字新聞もいくつか発行されていて、高レベルな英語を使っています。

7000以上も島からなる比国は、ネィティブ語として合計172に及ぶ言語を持っています。これらをまとめる共通言語として、Englishとタガログを制定しています。

この国はアメリカの植民地となった歴史があり、第二言語としてEnglishが広く普及しています。小学校からタガログ語の授業以外はすべてEnglishで行われているので高校を卒業している方々であれば難なくEnglishを話し、大学を卒業している方々のEnglishはかなり高レベルです。

具体的には、旅行会社、スーパーの洋服売り場、マクドナルドやレストランの店員さん、役所、またはそれらの場所に出入りするお客さんは流暢なEnglishを話します。しかしながら教育を受けていない人のEnglishレベルはそれ程高くないです。タクシーの運転手、食堂のおばちゃん、マッサージ師の人たちのEnglishはブロークンです。

言い換えれば、フィリピン留学では初級レベルからネィティブレベルまで様々な英語を話す人たちがいます。最初は街角で気さくなローカルとブロークンイングリッシュで話しして勇気を付けて、段々と場所を変えてレストランやバー(格安なので)などでセレブなお方達と会話をレベルアップして行くのは、本当に楽しいと思います。

また我々日本人はどうしてか白人コンプレックスがあって、白人には話しかけづらいが同じアジア人には話しかけやすいです。つまり白人と話すときには文法などを気にしてしまって話し掛けづらいがフィリピン人には気軽に話し掛けられます。

まちがった英語でもポンポン出てくるから不思議です(笑)これが英語学習者には非常にいいアウトプットの勉強になります。