フィリピン・セブ島留学に、持ってきたほうがいいアイテムまとめ

基本的に生活必需品は、フィリピン・セブで手に入ると思っていただいて大丈夫です。ただ、持ってきておいたほうがいいものや、フィリピンでは手に入りにくいものがありますので、ご紹介しますね。

歯ブラシなど洗面用具

 歯ブラシや洗顔クリームは、フィリピンに到着した日から必要になりますので、持って行きましょう。私ははじめてフィリピンに留学に来た時に「買えばいいか」と思って歯磨き粉を持たずに行きましたが、非常に困りました。

着いてすぐに買い物に行ったりする余裕もありませんでした。では、歯磨き粉がなくてどうしたか……それは秘密です。

フロスや歯間ブラシはフィリピン・セブでも売っているのですが、日本の100円ショップで普段買っている方には「高い」と感じることでしょう。

普段100円ショップで間に合わせているアイテム

普段から100円ショップで間に合わせているものは、日本の100円ショップで買ってこられることをオススメします。フィリピンで買うほうが、高くつくことが多いからです。爪切り、耳かき、お箸、クリアファイル、ボールペン、安いノート、フロス、栓抜きetc…。

水着

フィリピンは一年中夏の国なので、水着ももちろん一年中売っています。でも入学した週末に、バッチメイトと「海に行こう!」という話になることがとても 多いので、日本から持ってきておいたほうが無難です。最初の週は、なにかとバタバタしますので水着を買いに行っている時間もとりずらいのです。

気に入った水着が見つかるかもわかりませんので、ぜひ持っていかれることをおススメします。

日焼け止め

お肌にあったものは、やはり日本で買ってきておいたほうが無難です。また、度数の高いものも見つからないことがあります。とくに、海に行ってから見つけるのもたいへんなので事前に持っていかれるのがいいです。

「フィリピンだしそんなおしゃれすることもないだろう」と思って行くと女性はとくに、後悔されます。現地で「買えばいいか」と思ってお店に行ってみると、日本人のセンスとはちょっと違っていたりして、気に入った服が見つからないこともしばしばです。

休日にリゾートで優雅に過ごしたり、クラブやおしゃれなバーでお酒飲んだりといったことをするなら、服はそれなりに揃えて持ってきておいたほうがいいと思いますよ。

上着

フィリピン・セブは暑いから、夏服だけで十分だと思っているとマズいことになります。学校やお店のクーラーがやたらと効きすぎていて、日本人としては「すごく寒い」と感じるレベルの時があるからです。私も、映画館に行ったときはあまりに寒くてカバンの中に手足を入れてしのいでいました。 

行く前に、髪を切ってきましょう!

フィリピン・セブにもヘアサロンはたくさんあります。でも日本のように切ってもらえるかは?です。できるだけ出国前に髪を切って行かれることをオススメします。

ただし、何ヶ月も留学生活が続くとヘアサロンに行かないとマズいことになるので、いくつかは日本人的にも合格点かなと思えるところもありますので、弊社スタッフにご相談下さい。

ドライヤー

ドライヤーは、日本のものを使うと一発で壊れますので、フィリピンで買いましょう。1500円程度から買えます。

ちなみに、弊社でも貸出を行なっていますのでどうぞお気軽にご相談下さいね。