フィリピン・セブ島に、日本食を持っていったほうがいいですか?

英語学校の食事は、韓国食やフィリピン料理がメインです。

そのため、「日本食」をもってきたほうがいいかご質問される留学生さんもおられますので、まとめました。

まず、日本の食材はフィリピン・セブでもけっこう売っています。日本食材店もあります。セブですと「町屋マート」が有名です。日本食材店でなくてもスーパーでも売っているものもあります。

フィリピン・セブで売っている日本の食材

・インスタントラーメン類(カップヌードルなど。ただし味はチョット違います)

・キリン一番搾り(日本よりかなり安いです。スーパーでも売っています)

・豆腐や納豆(日本より1.5~2倍ほど高いです)

・キッコーマンの醤油(日本より1.5~2倍ほど高いです)

・味の素(フィリピンでもメジャーです)

・キューピーマヨネーズ

・「きのこの山」や「コアラのマーチ」などのお菓子

・Meijiのチョコレート

・ポカリスエット(日本より安いです)

・缶コーヒー

・ヤクルト(スーパーでも売っています)

フィリピンに工場がある製品は安く手に入ります。また、フィリピンの近隣諸国で生産し輸入されているものも日本で買うよりも安価な物が多いです。

持ってくるといいかもしれないもの

・醤油

醤油はあってよかったと思う隠れアイテムです。たとえば、刺身の出る韓国料理店があります。しかし醤油は韓国製で、日本人としてはあの味の醤油で食べたいと無性に思ってしまいます。

日本食材店やスーパーでもキッコーマンは売っているのですが、わざわざ醤油を買いに行くためにタクシーを飛ばす のも面倒ですし、高かったり大きいものしかなかったりするので、小さいのを一つカバンに忍ばせておくといつか「あってよかった!」と思うことがあるかもし れません。

・箸

食材ではないのですが、日本食レストランや中華料理以外の普通のレストランには置いていないので一揃い持ってい ると重宝します。カップヌードルをスーパーで買った時など、フォークで食べるよりもやはり箸のほうが楽ですしね。スーパーでも割り箸は売っているのです が、100本入りでしか売っていなかったりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。