フィリピンは治安が悪いの?

統計的事実だけでいいますと、たとえば強姦の発生率はオーストラリアやイギリスの方が高いです。銃による犯罪はアメリカのほうが多いです。犯罪件数だけでいうと、フィリピンよりも日本の方が多いです(ただし、人口も日本のほうが多いですが)。

「フィリピンは危険」というイメージが日本人の中には根強く残っているようなのですが、実際は数字だけで見るとそこまでではないことがわかります。

ただし、これだけは言えます。

「マニラは治安が悪い」です。外務省のサイトによるとフィリピンで起こる犯罪のなんと20%がマニラで発生して いるそうです。フィリピン全土が300000km²で、マニラの面積が638.6km²ですのでフィリピンの約0.2%の場所に20%の犯罪が集中してい るのです。

逆に申しますと、マニラ以外の場所は日本ほど安全ではないとしても、アメリカやイギリス、オーストラリアよりは安全といえるでしょう。

セブに住んでいる感覚からしますと、普通に生活をしている分には特に危険は感じないといったところです。マニラ以外は、他の地域に行っても同じ安心感か、セブよりもさらにのどかな雰囲気です。

ただし、フィリピンに来た外国人が特に気をつけないといけない犯罪があります。

スリや置き引きです。

これは、高価なものを持っていることが明らかな外国人だからこそ狙われる犯罪です。つまり、留学生の皆さんもフィリピンでは「外国人」なので日本では普通以下の生活をしていても、フィリピンでは「お金を持っているカモ」になってしまうわけです。

スリや置き引きに遭いそうな場所はやはり人の多い場所です。市場や観光地、賑わっているレストランやクラブなどでは貴重品に最新の注意を払いましょう。とくに、スマートフォンにはお気をつけ下さい