セブ島へは、直行便と経由便、どっちがいいの?

航空券は、まず大きく分けて2つのパターンがあります。「直行便」と「経由便」です。
直行便はその名の通り、目的地まで乗り換えなしに行ける便です。「経由便」は途中で乗り換えがある便です。

なんといってもやっぱり直行便が、一番楽です。セブの場合ですとフィリピン航空が唯一セブへの直行便を出しています。

直行便のメリットは、

・もっとも短時間で到着できること(おおよそ4時間半)

・乗り換えに心を悩ます必要がないこと

です。デメリットは、

・値段が高いこと

です。経由便よりも値段は高くなってしまうのですが、それ以外のマイナス面はあまりないので、お金に余裕のある学生さんは迷わず直行便を選択されることをオススメします。

お金をできるだけ節約されたい方は、経由便を選びましょう。経由便は様々なパターンがあります。セブに行かれる場合を例に以下ご説明しますね。

セブへの経由便での行き方
セブに行かれる場合は、マニラを経由しないものをオススメします。マニラを経由する場合のデメリットは、

・マニラ空港の職員や空港警察はワイロを要求する等悪名高い

・乗り換え時に長時間待つか、逆に短すぎて乗り遅れる可能性がある

・空港ターミナルを移動する場合、タクシーを利用することになるが特に深夜の場合トラブルが起こる危険性がある

以上のような理由から、経由便を利用される場合は香港やインチョン(ソウル)、プサンなどで乗り換え、目的地に着く便を選ばれることをオススメします。大韓航空、アシアナ航空、エアプサンといった韓国系の航空会社が値段的にもお手頃で本数も多くオススメです。