セブ島にいます!


フィリピン留学あるある 例えば、セブ島留学に来て、生徒さんが困ったことと言えば

・空港に迎えのピックアップが来ていない…
・持参したお金が足りなくなる..
・セブで急病になってしまった…
・トラブルに巻き込まれた…
・英語で英語の授業についていけない

これからセブ島留学したいけれど、セブ島って言ってもフィリピンだし。。

なんか不安だなあ。。

そう思って留学まで一歩踏み出せない。

わたしも初めてセブ島留学に行く前、とーっても不安でした。

そんなあなたに!

わたしがセブで現地サポートしますので安心してください!

マブハイ。セブオフィスのセイゴです。

ここフィリピン、セブ島で持ち前のフットワークを生かし、留学中の生徒さんの現地サポートをしています。

その他にも、お問い合わせメールの返信やスカイプカウンセリング、英語学校訪問、フィリピン留学中の生徒さんから本音を聞いたり等々。

現地サポートを始めた2011年からセブに住んでいるので、フィリピン留学・セブ島留学に関することだけでなく、ネットでは載らないフィリピン、セブのリアルな状況や変化などいろいろと身をもって体験しています。

今となると随分前になってしまいましたが、2005年にわたしもフィリピンに留学しました。

 

フィリピン留学以外にも、アメリカ・オーストラリア留学&ワーホリ、バックパッカーで海外を時々まわっていたので海外・英語に対して興味が強かった学生時代でした。

ただ、当時はフィリピン・セブ島に関わることを何か将来しているとはまったく想像していませんでした。

大学卒業後は、満員電車で毎日都心に向かう上場企業で働きしつつ、長期休みはセブ島に旅行に行ったり、

フィリピン留学をした時に、海外だからこそ知り合えた人達とその後もつながっていたことがきっかけで今はここセブから、フィリピン留学を考えてる方ひとりひとりに適したカウンセリング・アドバイス、セブ島留学中は充実した留学になれるよう、現地サポートしていますので、セブ島でお待ちしています!

そんな大ベテランの私がサポートした留学生が困ったランキングベスト4を発表します!

 

せーごさん空港に駆けつける

あってはならないことですが、実際にそういうことも稀に起きています。

同じ便に搭乗していた人がどんどんいなくなって。。

特に深夜便だったら余計に心細いですよね。

日本出国前にセブ島で繋がる私の連絡先をお伝えしますので、そのような時は何時でも遠慮なく連絡ください。

学校に瞬時に連絡をとりピックアップの再アレンジ、はたまた私が代わりに直接空港までお迎えにいくので安心してください。

学校に入学してから授業や環境、生活に対して留学前と違う希望が出てくることがあるかもしれません。

グループクラスをマンツーマンクラスにアップグレード、大部屋から個室部屋に変えることもあれば、コース自体を替える人もいますね。基本的に変更料金や差額分の代金は、キャッシュで学校に直接払うことになっています。

英語をがっつり勉強するつもりで来たけれど、旅行や遊び、外食、海でのアクティビティで予想以上に使ってしまう人。

ちなみに私もそんな一人で、授業に慣れてきたころにマンツーマンクラスを増やしたくなり変更、週末、ダイビングライセンスを取得し、ボラカイ島やカミギン島にも興味が湧いてきて旅行したり。

それらはとても楽しく良い経験でしたが、終盤はキャッシング限度額まで利用してなんとか乗り切った記憶があります。

また、現金はあまり持参せず、国際キャッシュカードを持って来たんだけど、お金を引き出そうとしたら、キャッシュカードが何らかの不具合で使えなくなった。再発行まで時間がかかる。

はたまた、スリや置き引き、詐欺やボッタクリ被害にあってしまい、留学の序盤でどうしようもなくなった生徒さんもいました。

今、日本からフィリピンに海外送金してもらう手段としてwestern unionが一般的になっています。

以前よりも便利に送金ができるようになっていますが、それができない場合、わたしの方でも解決方法があるのでお助けします。

 

日本にいても、セブにいても、予想していない病気になることがありますよね。

フィリピンは日本ほど衛生面が良くないので、多少の下痢になってしまうのは仕方ないのですが高熱が出て症状が治らない時は病院で診察してください。

万が一セブでウィルス感染(アメーバなど)やデング熱、交通事故にあってしまった場合、設備の整った私立病院に入院することになります。

それらの病院には日本語対応デスクがあり、海外旅行保険に加入していると、キャッシュレス対応してもらえることがほとんどですが保険の期限が切れていたり、保険に入っていない場合、一定額を前払いしなければなりません。

病院まで駆けつけて立て替えることや、ご家族の方への定期連絡、別件では看病のために親御さんがセブに来られたケースで、現地でのアテンドも可能です。

セブ島は観光地なので、お金を持った観光客を狙っている悪い人間がいます。

もちろんそうじゃない人の方が圧倒的に多いですよ。

フィリピンはまだまだ途上国であり、日本人というだけでお金持ちというイメージがあります。

IPHONEを持っていると丸わかりで歩きスマホしていたり、レストランで荷物を置いて食事をしている場合、ちょっとの油断の隙をプロのスリ犯や置き引き犯は見逃しません。

シヌログ祭りの時だけではなく、ショッピングモールやディスコクラブ、お酒を飲めるようなレストバーなど、週末どこに行っても人、人、人です。

ポケットやカバンに入れていたスマホが知らないうちになくなっていた。。という生徒さんが増え続けています。

被害にあった場合は、警察署でポリスレポートを作成してもらって、各々加入している保険会社に提出することになるのですが、ポリスレポートをもらうことがなかなか一筋縄じゃいかないんです。そんな困った際には、現地の弁護士を手配することができます。

超初心者

そういえば。。。日本語で英語の授業を授業も分からなかったのに英語で英語の授業を受けるなんてもっと分からないよなあ。。

そんああなたのために、スーパー講師による特別レッスンを無料で行っています!

弊社で申し込んでくれれば、他社さんではどこもしていない、セブ現地サポートがついていることに加えて、TOEIC985点、アメリカ有名大学卒業のスーパー講師による基礎的な文法レッスンを日本語で受けることができます。

上記の1位から5位までみてみると、治安に関して起こっているトラブル事例を前もって知っていて、対策を分かっているだけで未然に防げる確率が上がります。

そこで、そういうことが分かる安全対策マニュアルをつくったので、メールアドレスを入力してくれた方にプレゼントします。

 

セブ支店(スカイライズ4)

セブ支店(ラウンジ)

 

 

 

 

ん?で、口コミDJって?

フィリピン留学について、留学生の方から寄せられた口コミと生徒さんのリアルな声を現在の状況にマッチするよう精査し、まとめています。

なんで?

口コミは確かに参考になります。ですが、学校の口コミ情報を書いてくれている生徒さんのほとんどは、その学校1校のみ留学された人がほとんど。

他の学校と比較できないんです。

わたし自身、今から十数年前、2005年にセブ島留学しました。

その時代、日本人を受け入れてくれる英語学校は数校。その中でメジャーな学校は1校のみ。選択肢がなかった時代から今やどの学校を選べばいいのか迷うほどになりました。

留学は人生のうち何度も時間がとれるものではないですよね。

社会人の方が会社の休み期間に留学される超短期留学や、学生さんが夏休み・春休み期間、幾度かフィリピン留学される方も、7割くらいは同じ学校に留学しています。

留学した学校が良かったと感じた人は、その学校のファンとなるんです。

口コミの中には情報が古かったり、留学時期やバッチメイト、個人の主観などによって 同じ学校の口コミでも、内容に随分と違いがあることも。

価格ドットコムやアマゾンの製品は、実際手にとることができ比較検討できます。そのモノは変わらないですが、フィリピンにある優れた語学学校は常に改善、進化しています。

 

まかせてください。

 

フィリピンへの理解を深めるために、2011年セブシティで6畳8人でのローカル生活からあえてスタートしセブ島を熟知。

フィリピン国内の英語学校を定期的に視察、1000人の留学生の声を聞き、留学生の現地サポートしているわたしが、これからセブ島留学される方のために常にアップデートした最新の口コミリミックスを現場からお伝えします!

口コミDJせーごのレポートほしい人はこちら。

 

[mwform_formkey key=”3562″]