新着エントリー

インターネット

はじめに申しますと、フィリピンのインターネット事情は「よい」とはいえません。

ただし、以前よりはよくなっているとはいえます。 では、どのくらい「まし」になったのでしょうか。 まず、1日中プロバイダやサービス会社に連絡がつかず、「つながらない」ということは なくなりました。

そのレベルです。 そもそもが、フィリピンは発展途上国であり、インフラがまだ整備されていない場所がいくつもあります。 電気や水道の普及率も100%とは言えない状況ですので、 インターネット事情に関しては、言わずもがなな部分はあります。

WIFIがつながることを大いに謳っている学校もありますが、 これも日本と同じようなレベルでWIFIがつながると思ってくると、 大間違いです。 電波は弱く、同じ学校の敷地内でもつながるところとつながらないところが あることはざらです。

と申しますか、それがフィリピンでは普通です。 さらに申しますと、停電も日本よりはよく起こりますので、そちらの事情も加えますと、 さらにつながりにくくなる可能性は日本よりもずいぶん高いです。 トラブルへの対応も、たとえば日曜日に問題が発生したとしますと、 基本的に日曜日は会社はお休みなので、対応が遅れることは、ままあります。

そのほか、学校でよくある問題は、ネットへのアクセスが 休み時間に集中してしまい、かなり遅くなってしまうことがあります。 また、韓国人学生には「ダウンロード」や「オンラインゲーム」好きが多いため、 回線に余裕ができず、余計にネットが遅くなります。

学校によっては、個室で使えるところと、公共エリアでしか使えないところがありますので、 そこは入学前に確認しておいたほうがいいです。 校舎と寮が離れている学校もありますが、そちらもそれぞれでのネット事情を 確認しておいたほうがいいです。 多くの学校は、何百人もの学生が同時に常にWIFIを利用する、といったことに 完全対応した体制ではのぞめておりません。

このような状況ですので、ビジネスユースでインターネットを学校で使いたいと思っていらっしゃる ビジネスマンの方は、とても難しいとお考え下さい。 なので、ことインターネットに関しては、「途上国なので、インターネットは使えないものだ」 くらいに、フィリピンに来る前に覚悟をしてから来ることをおすすめします。 ただし、ここにも例外はあります。

QQイングリッシュさんは、他校とは異なり、学校では光回線でインターネットが使えます。 これは、ITパークというIT系企業や外資系企業の入っている場所に学校をつくているため 可能なことです。